コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セントクレア湖 セントクレアこLake Saint Clair

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セントクレア湖
セントクレアこ
Lake Saint Clair

アメリカ合衆国,ミシガン州とカナダ,オンタリオ州の境界にある湖。面積約 1270km2。最大水深 6.4mの浅い湖で,南はデトロイト川を経てエリー湖と,北はセントクレア川によってヒューロン湖に通じる。湖岸は低湿地が多く,西岸にはデトロイト市の郊外が延びている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

セントクレア‐こ【セントクレア湖】

Lake St. Clair》オーストラリア、タスマニア州中央部の湖。最大深度200メートルで、同国で最も深い。周囲にはワラビーカモノハシウォンバットなどの野生動物が生息する。クレードル山とともにクレードル山セントクレア湖国立公園に指定され、1982年に「タスマニア原生地域」として世界遺産(複合遺産)に登録された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

セントクレア湖の関連キーワードクレードル山=セントクレア湖国立公園タスマニア自然保護区セントクレアショアズマウントクレメンズダーウェント川オーストラリアストローンローズビルロンドンチャタムダブ湖

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android