コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月の光

デジタル大辞泉プラスの解説

月の光

フランスの作曲家クロード・ドビュッシーのピアノ曲。原題《Clair de lune》。ピアノ曲集『ベルガマスク組曲』の第3曲を指し、ドビュッシーの代表作として知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

つきのひかり【月の光】

《原題、〈フランス〉Clair de luneドビュッシーのピアノ曲。変ニ長調。ピアノ曲集「ベルガマスク組曲」の第3曲。作者の代表作として知られ、単独で演奏されることも多い。
《原題、〈フランス〉Clair de luneフォーレの歌曲。1887年作曲。歌曲集「二つの歌」の第2曲。ベルレーヌの詩集「艶なる宴」に基づく。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

月の光
つきのひかり

井上靖(やすし)の短編小説。1969年(昭和44)8月『群像』に発表。同年短編集『月の光』講談社刊。『花の下』『雪の面』と並ぶ三部作の一つ。80を過ぎた母は頭がぼけて、壊れたレコード盤のように同じことを口にするが、その関心事は人の結婚と出産と死だけである。ある夜、湯ヶ島の妹から電話があり、母が真夜中に田舎(いなか)道をさまよっていたという。何十年昔に返って月光のなかで幼児の作者を探し歩く鮮烈なイメージが、作者の脳裏に浮かぶ。母の姿を通して、老いに現れた人間の根源的なものを探る。[福田宏年]
『『月の光』(1969・講談社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

月の光の関連キーワード月明かり・月明りムーンライトゴロピカリ立ち明かし月のむら戸レコード盤大気光象冴え勝るあかね空思ひ紛ふ月の障りしんめり金銀摺り福田宏年五障の雲ひたち錦青白い桂の影月映え月明り

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

月の光の関連情報