コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月の光

2件 の用語解説(月の光の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

月の光

フランスの作曲家クロードドビュッシーピアノ曲。原題《Clair de lune》。ピアノ曲集『ベルガマスク組曲』の第3曲を指し、ドビュッシーの代表作として知られる。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

月の光
つきのひかり

井上靖(やすし)の短編小説。1969年(昭和44)8月『群像』に発表。同年短編集『月の光』講談社刊。『花の下』『雪の面』と並ぶ三部作の一つ。80を過ぎた母は頭がぼけて、壊れたレコード盤のように同じことを口にするが、その関心事は人の結婚と出産と死だけである。ある夜、湯ヶ島の妹から電話があり、母が真夜中に田舎(いなか)道をさまよっていたという。何十年昔に返って月光のなかで幼児の作者を探し歩く鮮烈なイメージが、作者の脳裏に浮かぶ。母の姿を通して、老いに現れた人間の根源的なものを探る。[福田宏年]
『『月の光』(1969・講談社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

月の光の関連キーワード夜想曲映像亜麻色の髪の乙女子供の領分シランクス2つのアラベスクベルガマスク組曲喜びの島ドビュッシー:小組曲/1 piano 4 handsファリャ:クロード・ドビュッシーの墓碑銘のための讃歌/piano solo

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

月の光の関連情報