コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月の光

3件 の用語解説(月の光の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

月の光

フランスの作曲家クロードドビュッシーピアノ曲。原題《Clair de lune》。ピアノ曲集『ベルガマスク組曲』の第3曲を指し、ドビュッシーの代表作として知られる。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

月の光
つきのひかり

井上靖(やすし)の短編小説。1969年(昭和44)8月『群像』に発表。同年短編集『月の光』講談社刊。『花の下』『雪の面』と並ぶ三部作の一つ。80を過ぎた母は頭がぼけて、壊れたレコード盤のように同じことを口にするが、その関心事は人の結婚と出産と死だけである。ある夜、湯ヶ島の妹から電話があり、母が真夜中に田舎(いなか)道をさまよっていたという。何十年昔に返って月光のなかで幼児の作者を探し歩く鮮烈なイメージが、作者の脳裏に浮かぶ。母の姿を通して、老いに現れた人間の根源的なものを探る。[福田宏年]
『『月の光』(1969・講談社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

月の光の関連情報