コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セントルイス大聖堂 セントルイスだいせいどう

1件 の用語解説(セントルイス大聖堂の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

セントルイスだいせいどう【セントルイス大聖堂】

アメリカのルイジアナ州ニューオーリンズにあるスペイン建築の教会。ジャクソンスクエアに面して建ち、3本の尖塔がある。1718年に町ができてすぐに小さな礼拝堂が建てられたが、4年後のハリケーンで倒壊し、その後再建されたが、1788年、再び火災で焼失した。1794年、3度目に建設されたのが現在の建物で、現存するアメリカ最古の大聖堂である。1987年にローマ法王が訪れたのをきっかけに、大聖堂前の歩道をヨハネパウロ2世広場と名づけた。フレスコ画ステンドグラスがすばらしく、大理石の棺には位の高い僧侶たちが眠っている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

セントルイス大聖堂の関連キーワードシュリーブポートニューオーリンズルイジアナシュガーボウルニューオーリンズジャズ&ヘリテージフェスティバルニューオーリンズのマルディグラルイジアナ[州]カトリーナの被害リリュー

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone