コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セントローレンス水路 セントローレンスすいろSaint Lawrence Seaway

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セントローレンス水路
セントローレンスすいろ
Saint Lawrence Seaway

カナダとアメリカ合衆国との国境を流れる運河。セントローレンス川の流路を改良し,外洋船が五大湖へ直接航行できるようにしたものである。狭義には河口からオンタリオ湖まで,あるいはモントリオールからオンタリオ湖岸のキングストンまで (約 300km) をさすが,広義には河口からスペリオル湖西端のダルースまでをいい,全長 3769km。アメリカおよびカナダの両国が資金を分担し,1959年狭義のセントローレンス水路を完成。現在この水路を通って 8000~9000tの積荷の外洋貨物船が五大湖へ直接航行でき,約2万 5000tまで運べる鉱石・穀物ばら積み船 (レーカー) が航行し,その経済効果は大きい。しかし冬季結氷のため,4月中旬から 11月初旬までの約 250日間しか利用できないのが難点である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報