スペリオル湖(読み)スペリオルこ(英語表記)Lake Superior

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スペリオル湖
スペリオルこ
Lake Superior

北アメリカ,五大湖のなかの北西端の湖。世界最大の淡水湖で,面積 8万2100km2,周囲 4768km,湖面標高 180m,最大水深 406m。アメリカ合衆国とカナダの国境にあり,東と北はカナダのオンタリオ州,西と南は合衆国のミネソタウィスコンシン,ミシガンの各州に面する。湖岸は氷食され,岩がちで平野は少い。セントマリーズ川とセントジョーゼフ水道で,ヒューロン湖と結ばれる。湖には,アイルロイヤル,ミシピコーテンなどの諸島がある。湖岸は北アメリカ最大の鉄鉱産地でミネソタ,ミシガン州から鉄,銅,銀,ニッケルを産し,南岸のダルース,アッシュランドはその積出港として有名。北岸は,コムギ地帯で,ポートアーサー,フォートウィリアムが積出港。冬季は凍結するため,航行不能となる。初めてヨーロッパ人がここを訪れたのは 17世紀前半のことである。その後毛皮商人が出入りして,カナダとの国境には,毛皮取扱い専門の会社が設立された。湖の名は,フランス語の Lac Supérieur (上流湖) に由来する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

スペリオル‐こ【スペリオル湖】

Superior》北アメリカの五大湖の一。米国とカナダの国境に位置する世界最大の淡水湖。面積8万2360平方キロメートル。最大深度406メートル。湖面標高184メートル。五大湖の北西端にある。湖岸は世界的な鉄鉱石産地。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

スペリオルこ【スペリオル湖】

〔Superior〕 北アメリカ大陸、五大湖のうち、北西端に位置する湖。アメリカ合衆国とカナダとの国境にまたがり、淡水湖としては世界最大。冬季は凍結。湖の東端はスーセントマリー運河でヒューロン湖と結ばれる。面積8万2千平方キロメートル。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スペリオル湖
すぺりおるこ
Lake of Superior

北アメリカ東部にある五大湖の一つ。北西端にあり、五大湖中最大の面積をもつ。世界最大の淡水湖。カナダのオンタリオ州、アメリカ合衆国のミネソタ州、ウィスコンシン州、ミシガン州に囲まれる。面積約8万2360平方キロメートル、うち2万9000平方キロメートルはカナダに属する。湖面標高184メートル、最大水深406メートル。周辺はカナダ楯状地(たてじょうち)の南端部で、針葉樹と広葉樹の混交林が広がる。五大湖のなかではもっとも気候が厳しく、航行が可能なのは年間6~7か月で、冬は凍結する。南東のヒューロン湖とはセント・マリーズ川とスー・セント・マリー運河でつながる。カナダ側である湖北西端のサンダー・ベイ、アメリカ合衆国側である湖西端のダルースが、五大湖水運の西の起点であり、プレーリー地域の穀物、周辺の鉱産資源などの積出し地となっている。北西部のアイル・ロイヤル国立公園など、沿岸はレクリエーション地が多い。その名は、フランスの毛皮商人が名づけた「上の湖」を意味するLac Suprieurに由来する。[大竹一彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

スペリオル‐こ【スペリオル湖】

(スペリオルは Superior 元来はフランス語で「上の」の意) アメリカ合衆国とカナダの国境にある五大湖の一つ。世界最大の淡水湖。五大湖の北西端にあり、セントマリーズ川とスーセントマリー運河でヒューロン湖と結ばれる。面積八万二三六〇平方キロメートル。最大水深四〇六メートル。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android