コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セントローレンス川 セントローレンスがわ Saint Lawrence River

2件 の用語解説(セントローレンス川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セントローレンス川
セントローレンスがわ
Saint Lawrence River

北アメリカ大陸の東部を流れる大西洋岸側最大の水系。アメリカ合衆国ミネソタ州のセントルイス川が源流で,スペリオル湖から五大湖を経て,ガスペ半島の北でセントローレンス湾に流入する。源流を含めた全長は 4023km,流域面積 130万 km2

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

セントローレンス‐がわ〔‐がは〕【セントローレンス川】

Saint Lawrence》北アメリカ東部を流れる川。オンタリオ湖に源を発し、カナダと米国との国境を流れてセントローレンス湾に注ぐ。長さ約1200キロ。モントリオールまでは可航水路が並行して走る。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

セントローレンス川の関連キーワードアメリカ北アメリカブラジル南アメリカ新大陸北米大西洋標準時汎アメリカ主義日本アメリカ史学会北アメリカ大陸

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

セントローレンス川の関連情報