セントローレンス川(読み)セントローレンスがわ(英語表記)Saint Lawrence River

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セントローレンス川
セントローレンスがわ
Saint Lawrence River

北アメリカ大陸の東部を流れる大西洋岸側最大の水系。アメリカ合衆国ミネソタ州のセントルイス川が源流で,スペリオル湖から五大湖を経て,ガスペ半島の北でセントローレンス湾に流入する。源流を含めた全長は 4023km,流域面積 130万 km2。狭義にはオンタリオ湖から河口までの 1287kmをいう。川幅は最狭がケベック付近で 10km,最大が河口の 144km。オンタリオ湖から下流へ 184kmは,アメリカ合衆国とカナダの国境を形成。また,トロワリビエルから下流は感潮河川となっている。 1534年 J.カルティエが発見,1608年 S.シャンプランがケベックに初めて入植。探検,毛皮交易,布教の重要なルートであった。 1959年セントローレンス水路が完成し,水路航行,水力利用の両面において重要性を増した。ボーアルノワダム,アメリカ合衆国とカナダ両国共有の国際ダムがある。セントモーリス,オタワ,リシュリューなどの支流も多い。沿岸の主要都市はカナダのモントリオール,ケベックなど。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

セントローレンス‐がわ〔‐がは〕【セントローレンス川】

Saint Lawrence》北アメリカ東部を流れる川。オンタリオ湖に源を発し、カナダと米国との国境を流れてセントローレンス湾に注ぐ。長さ約1200キロ。モントリオールまでは可航水路が並行して走る。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

セントローレンス‐がわ ‥がは【セントローレンス川】

(セントローレンスはSaint Lawrence) カナダとアメリカ合衆国の東部国境を流れる川。オンタリオ湖に源を発し、大西洋のセントローレンス湾に注ぐ。沿岸には工業都市が多く、五大湖と大西洋を結ぶ水運がさかん。全長一二二三キロメートル。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android