コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セームンド Sæmund(Sæmundr) Sigfússon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セームンド
Sæmund(Sæmundr) Sigfússon

[生]1056
[没]1133
アイスランド最初の歴史家。アイスランド人として初めて大陸に遊学,帰国してからはその並みはずれた学殖ゆえに「賢者」とあだ名された。アイスランド人の書いた最初の著作といわれる『ノルウェー国王史』をラテン語で書いたが,それは現存しない。神父として活動するかたわら,オッディの荘園に学校を開いて子弟を教えた。なかば伝説的な人物となり,17世紀には『韻文エッダ』が誤って彼の作と考えられ,『セームンドのエッダ』 Sæmundr Eddaと呼ばれた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

セームンドの関連キーワードスノッリ・ストゥルルソン

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android