セームンド(英語表記)Sæmund(Sæmundr) Sigfússon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セームンド
Sæmund(Sæmundr) Sigfússon

[生]1056
[没]1133
アイスランド最初の歴史家。アイスランド人として初めて大陸遊学,帰国してからはその並みはずれた学殖ゆえに「賢者」とあだ名された。アイスランド人の書いた最初の著作といわれる『ノルウェー国王史』をラテン語で書いたが,それは現存しない。神父として活動するかたわら,オッディの荘園に学校を開いて子弟を教えた。なかば伝説的な人物となり,17世紀には『韻文エッダ』が誤って彼の作と考えられ,『セームンドのエッダ』 Sæmundr Eddaと呼ばれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android