コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゼフィランサス 〈ラテン〉Zephyranthes

デジタル大辞泉の解説

ゼフィランサス(〈ラテン〉Zephyranthes)

ヒガンバナ科ゼフィランサス属の多年草の総称。花は桃色や白色。熱帯アメリカの原産。日本ではサフランモドキタマスダレが栽培される。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ゼフィランサス【Zephyranthes】

ヒガンバナ科の一属。南アメリカ原産。サフランモドキ・タマスダレなど。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゼフィランサス
ぜふぃらんさす
[学]Zephyranthes

ヒガンバナ科の春植え球根草。中南米原産。球根は小形の鱗茎(りんけい)。日本で古くから親しまれているタマスダレZ. candida Herb.やサフランモドキZ. carinata Herb.は、この仲間である。タマスダレはペルー原産で、耐寒性があり強健。葉は1球から数枚出て、針金のように細く濃緑色。夏から秋、約30センチメートルの花茎を出し、茎頂に同じくヒガンバナ科のクロッカスに似た純白花を上向きに開く。花壇の縁どりや庭石の根締めに使われる。陰湿地でもよく育ち、関東地方以西なら越冬する。サフランモドキはジャマイカ原産。暖地では半野生化するほどじょうぶである。葉は細長い帯状で、5~6枚。6~7月、1球から数本の花茎を出し、茎頂に大輪の桃色花を開く。花形がよく似ているので昔はこれを薬用にするサフランと混同し、単にサフランとよんでいた。これらのほか、よく知られているアルビエラ種Z. albiella Thunb.はコロンビア原産の半耐寒性種。花は小さく径3~5センチメートルで黄銅色、秋に開花する。[平城好明]

栽培

4月ころが植え付けの適期。少なくとも午前中は日のよく当たる所に、球根の頂部が地上すれすれになる程度に浅植えする。耐寒性種以外は、冬に盛り土をして保護するか、秋に掘り上げて暖かいところで貯蔵する。繁殖は分球によるが、実生(みしょう)も可能である。[平城好明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ゼフィランサスの関連キーワードステルンベルギアヒガンバナ科ハブランサスサフラン擬球簾

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android