コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゼフィルス 〈ラテン〉Zephyrus

大辞林 第三版の解説

ゼフィルス【Zephyrus】

シジミチョウ科ミドリシジミ属に属するチョウの総称。開張約4センチメートル。雄のはねは金緑色で美しい。ミドリシジミ・オオミドリシジミなど。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゼフィルス
ぜふぃるす

昆虫綱鱗翅(りんし)目シジミチョウ科ミドリシジミ亜科ミドリシジミ族Thecliniの俗称。ゼフィルスZephyrusという属名は、現在では分類学上Thecla属の同物異名として破棄されているが、長い間ミドリシジミ族の属名として世界的に使用されてきた関係もあり、またミドリシジミ族(現在では多数の属に分割されている)全体を表現する用語として便利なために一般によく使用される。日本産は13属24種、シジミチョウ科としては大形の部類に入り、その色彩・斑紋(はんもん)に変化が多く、また美麗種を含むので、この仲間の愛好者は多い。ゼフィルスの主産地は東アジアからヒマラヤにかけての温帯(一部暖帯)で、ヨーロッパ3種、北アメリカ2種というようにほかの地域では日本に比べてはるかに種類が少ない。[白水 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のゼフィルスの言及

【ミドリシジミ】より

…鱗翅目シジミチョウ科ミドリシジミ族Thecliniに属する昆虫の総称,またはそのうちの1種を指す。シジミチョウ科はヒマラヤから中国,日本にかけての暖温帯および冷温帯の森林地帯に栄えており,かつてはゼフィルスZephyrusという一つの属にまとめられていたが,今日ではいくつかの属に細分されている。 日本にはウラキンシジミ,チョウセンアカシジミアカシジミ(イラスト),ウラナミアカシジミ,オナガシジミ,ミドリシジミなど約25種が知られている。…

※「ゼフィルス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ゼフィルスの関連キーワード大倉舜二緑小灰蝶金緑色白水開張

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ゼフィルスの関連情報