ゼルナー(読み)ぜるなー(英語表記)Gustav Rudolf Sellner

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゼルナー
ぜるなー
Gustav Rudolf Sellner
(1905―1990)

ドイツの演出家。バイエルンに生まれ、ミュンヘン大学を卒業。俳優として劇界に入ったが、しだいに演出面に転じ、表現主義の洗礼を受けて、1930年代にはブレヒトとギリシア悲劇の研究に情熱を傾けた。51年ダルムシュタット州立劇場の総監督となるや、画家や装置家と組んで象徴主義演劇を発表、いわゆる「ダルムシュタット様式」を確立した。59年シェーンベルクのオペラ『モーゼとアロン』でベルリンにデビューしてセンセーションを巻き起こし、61年にはベルリン・ドイツ・オペラの総監督に就任した。彼の演出は、演劇からみてオペラでなければできない特色を十二分に発揮したもので、現代芸術としてのオペラの創造に一つのエポックを形づくったものといえる。63年にはベルリン・ドイツ・オペラを率いて初来日し、日生劇場開場記念としてベートーベンの『フィデリオ』やモーツァルトの『フィガロの結婚』を、66年にはワーグナーの『さまよえるオランダ人』など、70年には『モーゼとアロン』などを上演した。日本のオペラ界はゼルナー演出に多くの影響を受けると同時に、彼もまた日本を愛し、76年にはベルリン・ドイツ・オペラで黛敏郎作曲の『金閣寺』を演出、世界初演を果たした。最後の演出は1979年ベルディの『ナブッコ』であった。[寺崎裕則]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android