コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黛敏郎 まゆずみとしろう

4件 の用語解説(黛敏郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黛敏郎
まゆずみとしろう

[生]1929.2.20. 横浜
[没]1997.4.10. 川崎
作曲家。東京音楽学校 (現東京芸術大学) 作曲科に学び,橋本国彦池内友次郎伊福部昭に師事。学部の卒業作品『10楽器のためのディベルティメント』 (1948) でデビューレコード化されて 1950年芸術祭賞を受賞した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

まゆずみ‐としろう〔‐としラウ〕【黛敏郎】

[1929~1997]作曲家。神奈川の生まれ。東京音楽学校卒。橋本国彦伊福部昭らに師事。昭和28年(1953)、芥川也寸志団伊玖磨と「三人の会」を結成。ミュージックコンクレート作品「X・Y・Z」、声明を取り入れた「涅槃(ねはん)交響曲」などのほか映画音楽も多く手がけた。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

黛敏郎 まゆずみ-としろう

1929-1997 昭和後期-平成時代の作曲家。
昭和4年2月20日生まれ。池内友次郎,伊福部昭らに師事。昭和26年パリ国立音楽院に留学。28年芥川也寸志(やすし),団伊玖磨(いくま)と三人の会を結成,30年日本最初の電子音楽作品を発表。33年「涅槃(ねはん)交響曲」で尾高賞。テレビ番組「題名のない音楽会」の司会もつとめた。平成3年日本を守る国民会議議長。平成9年4月10日死去。68歳。神奈川県出身。東京芸大卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黛敏郎
まゆずみとしろう
(1929―1997)

作曲家。横浜生まれ。東京音楽学校作曲科に学び、1951年(昭和26)同研究科を修了。橋本国彦、池内友次郎(いけのうちともじろう)(1906―1991)らに師事。1951年パリ国立音楽院に留学、トニー・オーバンTony Aubin(1907―1981)に師事。帰国後1953年に日本で初めてのミュージック・コンクレートのテープ作品『X・Y・Z』を発表。続いて『七のヴァリエーション』(諸井誠(もろいまこと)(1930―2013)と共作、1956)などの電子音楽の作曲も試み、従来とは異なる「音質」を用いた作風をとった。その後『涅槃(ねはん)交響曲』(1958)、『舞楽』(1962)など仏教や日本の伝統音楽に題材をとった作品を書き、1976年のベルリン・ドイツ・オペラ委嘱作『金閣寺』で好評を博した。また長年テレビ番組「題名のない音楽会」の司会者として、芸術音楽を広く大衆に紹介していた。[船山 隆]
『黛敏郎著『題名のない音楽会』(角川文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の黛敏郎の言及

【ミュジック・コンクレート】より

…しかしながら,このような新しい音楽の領域の出現は時代の要請でもあり,五月革命の起こった68年以来,シェフェールはパリ音楽院で教授としてミュジック・コンクレートの講座を担当している。 日本ではシェフェールの動きとは無関係に武満徹が同様の音楽を発想していたが,パリ留学で実際にミュジック・コンクレートに触れた黛敏郎(1929‐97)の帰国後,本格的な作品が作曲されるようになった。日本における初期のミュジック・コンクレートとしては,黛敏郎の《XYZ》(1953),柴田南雄(1916‐96)の《立体放送のためのミュジック・コンクレート》(1955),武満徹の《ルリエフ・スタティク》(1955)などがある。…

※「黛敏郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

黛敏郎の関連キーワード誘導尋問戦争文学薄田宙哉公判自殺関与罪逮捕反対尋問大恐慌世界大恐慌大恐慌

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

黛敏郎の関連情報