コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゼワイル Zewail, Ahmed H.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゼワイル
Zewail, Ahmed H.

[生]1946.2.26. エジプトダマンフール
[没]2016.8.2.
エジプト生まれのアメリカ合衆国の化学者。アレクサンドリア大学に学んだのちアメリカに渡り,1974年ペンシルバニア大学で化学の博士号を取得。カリフォルニア大学バークリー校を経て 1976年にカリフォルニア工科大学に移り,1990年にライナス・ポーリング化学物理学記念教授職についた。ほかに,テキサスA&M大学,アイオワ大学,カイロのアメリカン大学などで客員教授を務めた。1976年にアメリカ国籍を取得。1980年代に 1000兆分の1秒(→フェムト)という超短時間のパルスで発光するフェムト秒レーザーを使い,物質が化学反応を起こす際,原子がどのように動くかを追跡し,その変遷過程を観察することに成功した。このフェムト秒分光学は化学反応の基礎研究に貢献するとともに,触媒や新薬の開発,視覚など生体内の反応の研究にも応用されている。この功績により 1999年ノーベル化学賞を受賞した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ゼワイルの関連キーワードカリフォルニア工科大学アメリカ合衆国アイオワ大学博士号取得

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android