ゼンパッハの戦い(読み)ぜんぱっはのたたかい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゼンパッハの戦い
ぜんぱっはのたたかい

1386年7月9日、スイス軍がオーストリアの騎士軍に勝利を収めた戦い。スイス諸州は、ハプスブルク家の支配に抗して、1291年以来、盟約を結んで独立の歩みを進め、14世紀中ごろには、八州が加盟するまでになったが、なかでもルツェルンはオーストリアからの完全な離脱を求めて行動したので、オーストリア公レオポルト3世は、重装騎兵1400を含む4000の征討の軍をおこした。これに対し約1500のスイス軍は、ルツェルンの北西のゼンパッハSempachの、騎行に不向きな狭い坂道に迎撃し、オーストリア軍は、レオポルトを含め1600余の戦死者を出して敗走した。1315年モルガルテンの戦いとともに、スイスの独立を記念する戦闘とされている。[中井晶夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android