コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソコギス Polyacanthonotus challengeri

世界大百科事典 第2版の解説

ソコギス【Polyacanthonotus challengeri】

ソコギス目ソコギス科の海産魚。体形はウナギ形で,胸びれの上方背縁から始まる背びれは27~38本のまばらなとげからなり,その棘間(きよくかん)距離はとげの長さより長い。英語で,この仲間をspiny eelと総称するが,この背びれのとげに由来する。関東近海の深海,ベーリング海およびニュージーランド沖から知られ,寒海性の種と考えられる。体長50cmに達する。体はやや側扁し,後方にいくにつれ先細り,尾びれの後端はとがっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソコギス

ソコギス科」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソコギス
そこぎす / 底鱚
sping eel
[学]Polyacanthonotus challengeri

硬骨魚綱ソコギス目ソコギス科に属する海水魚。北太平洋、ベーリング海、ニュージーランド沖に分布する。体は細長く、とくに尾部は細い。吻(ふん)が突出し、口は小さくて腹面に開く。背びれには互いに離れた32~35本の棘(とげ)があるが、軟条はない。臀(しり)びれはよく発達して基底が長い。尾びれを欠く。体は暗褐色で胸びれは黒い。レプトセファルス型の幼生期を経る。全長50センチメートル余りになる。水深700~3700メートルの深海にすみ、底引網でまれに漁獲される。日本には本種のほかにクロソコギスとキツネソコギスがいるが、背びれの棘が少なく、13本以下である。タヌキソコギスは、背びれが棘と軟条からなることで、別のタヌキソコギス科に入る。[落合 明・尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ソコギスの関連キーワードレプトセファルスクロソコギストカゲギス深海魚底鱚

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android