コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソノラ州 ソノラSonora

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソノラ〔州〕
ソノラ
Sonora

メキシコ北西部の州。州都エルモシヨ。西はカリフォルニア湾に面し,北はアメリカ合衆国に接する。大部分が西マドレ山脈に属する山地,丘陵地で,ソノラ川,ヤキ川,マヨ川などの河川によって開析されている。沿岸には狭い海岸平野が連なり,北部沿岸は砂漠地帯となっている。1530年代以来スペイン人に開発され,植民地時代には重要な鉱山地区となり,銅,金,銀などが採掘された。1830年州となったが,インディオ(→ラテンアメリカインディアン)のヤキ族は 20世紀初めまで州政府に抵抗した。全体に乾燥気候半乾燥気候に属するが,大規模な灌漑施設により冬野菜,コムギ,米,ワタ,タバコなどが栽培される。人口はエルモシヨ,ノガレスグアイマスシウダードオブレゴンなどの都市とヤキ川河谷に集中し,1940年代以降人口が急増。アメリカとの国境の町ノガレスからメキシコシティーにいたる幹線道路,鉄道が州内を縦断する。ティブロン島などが「カリフォルニア湾の島嶼群と保護地区群」として 2005年に,北部ソノラ砂漠にあるエル・ピナカテとアルタル大砂漠生物圏保護区が 2013年に,それぞれ世界遺産の自然遺産に登録された。面積 18万2052km2。人口 266万2480(2010)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ソノラ州の関連キーワードサンルイスリオコロラドシウダード・オブレゴンシウダー・オブレゴンエルモシージョA. ウェルタナボホアマヨ族

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android