コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソビエツカヤ・ガバニ ソビエツカヤガバニ

百科事典マイペディアの解説

ソビエツカヤ・ガバニ

ソブガバニと略称。ロシア,極東地方,間宮(タタール)海峡に臨む港湾都市。1921年建設。漁業のほか船舶修理などが行われる。日本向け木材の積出港。軍事拠点でもあり,かつては,ツングース系ウイルタ族の定住中心地であった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソビエツカヤ・ガバニ
そびえつかやがばに
Советская Гавань Sovetskaya Gavan'

ロシア連邦東部、ハバロフスク地方の都市。日本海(タタール海峡)に向かって開くソビエツカヤ湾の東岸にある。港湾都市で、市名は「ソビエト港」の意。人口3万0500(2003推計)。コムソモリスク・ナ・アムーレ市と鉄道を通じ、1984年に全通したバム鉄道の東方終点。木材加工、船舶修理、漁業、食料品などの産業がある。市の北方に、樺太(からふと)(サハリン)の真岡(まおか)(ホルムスク)港と鉄道連絡船を通ずるワニノВанино港がある。[三上正利]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ソビエツカヤ・ガバニの関連キーワードシベリア鉄道BAM鉄道真岡

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android