コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソフトサイエンス soft science

翻訳|soft science

デジタル大辞泉の解説

ソフト‐サイエンス(soft science)

従来の科学そのものに対して、科学の利用の仕方を扱う科学をさす。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ソフトサイエンス

人間や社会をも対象に含めた広い視野に立ち,情報科学行動科学システム工学などを基礎とした新しい科学技術手法。生産技術中心的に進められてきた従来技術革新のなかで,社会システムに生ずるひずみに対する反省から登場してきたもの。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のソフトサイエンスの言及

【科学技術政策】より

…生命現象の解明とその成果の産業や福祉への利用を目ざしてのライフサイエンスは1971年から重点施策とされたが,遺伝子組換え技術の進歩などの大きな世界的潮流のなかで,急激な進展をみようとしている。一方,情報関係では,官民合同での〈超LSIの開発〉(通産省)に続く第五世代コンピューターの研究開発がとりあげられ,また進展著しい情報科学,システム工学などによる新しい分析,方法論などを用いて,技術的・社会的諸問題の解明や意思決定の科学化などを進めようとする総合的な科学技術としてソフトサイエンスが重視されるようになった。 80年代に入って,石油危機以来の世界経済の沈滞を打破するため科学技術を活用しようとする考えから,先進国首脳会議(サミット)での合意に基づき先進国間の国際協力が加速されることとなった。…

※「ソフトサイエンス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ソフトサイエンスの関連キーワード血漿タンパク質微生物資材化学肥料抗真菌剤芝生SF

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android