コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソフトパワー soft power

デジタル大辞泉の解説

ソフト‐パワー(soft power)

その社会の価値観、文化的な存在感、政治体制などが他国に好感を持って迎えられ、外交に有利に働くこと。米国ハーバード大教授ジョセフ=ナイの提唱。⇔ハードパワー。→スマートパワー

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ソフトパワー【soft power】

政治権力を構成する要素のうち、軍事力や警察力などの物理的強制力(ハード-パワー)でない、経済力や世論、文化や思想などの影響力。 → ハード-パワー

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソフトパワー
そふとぱわー
soft power

その社会のもつ文化や政治的価値観などを背景として、他国から理解、信頼、支持、共感を得て、国際社会で発揮される影響力。武力や経済力、資源を背景として行使されるハードパワーと対比される。アメリカのハーバード大学教授で国際政治学者であるナイJoseph Samuel Nye, Jr.(1937― )が提唱した。1990年に出版した『不滅の大国アメリカ』Bound to Lead:The Changing Nature of American Powerで初めて提示し、『ソフト・パワー』Soft Power:The Means to Success in World Politics(2004)をはじめとする著書で、現代の国際政治におけるソフトパワーの重要性を繰り返し指摘した。ナイはソフトパワーの源泉として、(1)文化的魅力、(2)政治的な価値観、(3)外交政策の3点をあげている。
 ソフトパワーという考え方はそもそもアメリカの対外政策として誕生したものである。ナイは、1993年に発足したクリントン政権で国家安全保障会議や国防総省(ペンタゴン)での要職を歴任し、続くG・W・ブッシュ政権においても政権中枢で活躍している。とくに、2001年に起きた同時多発テロ事件以降、アメリカの単独主義的行動には中東やイスラム諸国だけでなく、西欧諸国からも非難の声が高まった。こうした事態を乗り越える糸口として、ソフトパワーが強く提唱されるようになった。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ソフトパワーの関連キーワードマイクロソフトオフィスパワーポイントソフト・パワーとハード・パワースマートパワー委員会報告書知的財産政策ビジョンクールジャパン戦略国家安全保障会議クールジャパンパワーポイントテレビ放送パワポ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ソフトパワーの関連情報