コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソラーリア Solaria

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソラーリア
Solaria

イタリアの月刊文芸雑誌。 1926~34年,フィレンツェで通算 90号を発刊。反ファシズムの詩人や作家たちの拠点となり,両世界大戦間に最後まで良心の火をともし続けた。編集主幹は A.カロッチ,編集補佐に G.フェッラータと A.ボンサンティがあたった。おもな寄稿者に E.モンターレ,G.デベネデッティ,U.サーバ,S.ソルミ,R.バッケッリ,G.コンティーニらがいて,E.ビットリーニの『赤いカーネーション』もこれに連載され,また同誌編集部から出た単行本には,C.パベーゼの処女詩集『働き疲れて』 (1936) もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソラーリア
そらーりあ
Solaria

イタリアの文芸雑誌。A・カロッチを主幹として1926年にフィレンツェで創刊。両大戦間のさまざまな文芸思潮がファシズムに吸収されてゆく過程で、心ある文学者たちの最後の牙城(がじょう)としての機能を果たし、36年に廃刊となるまで、ファシズム当局の執拗(しつよう)な監視と弾圧に耐えた。同誌に結集した文学者には、検閲による不当な削除や発禁処分を受けながらも、長編小説『赤いカーネーション』を連載(1933~36)し続けたE・ビットリーニのほか、C・E・ガッダ、E・モンターレ、S・クアジーモドらがいた。なお、同誌に付属して単行本の出版を手がけたソラーリア社から、C・パベーゼの処女詩集『働き疲れて』(1936)など、貴重な作品が世に送り出されたことも忘れてはなるまい。[鷲平京子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ソラーリアの関連キーワードカルロ・エミリオ ガッダジョアンナ マンツィーニギィウゼッペ デッシーエリオ ビットリーニクアジーモドマンツィーニストゥパリヒピオベーネクアジモドバリーレローリアデッシーガッダ

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android