コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソン(嵩)山 ソンさんSong shan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソン(嵩)山
ソンさん
Song shan

中国東部,ホーナン(河南)省北部のトンフォン(登封)にある山。中国五岳の一つ,中岳にあたる。チンリン(秦嶺)山脈の支脈であるワイファンシャン(外方山)山脈の北東部にそびえ,東西に連なる 20あまりの峰からなる。主峰は標高 1440m。山中には古刹が多い。北魏の時代に建立され,現存する最古の煉瓦造りの仏塔である嵩岳寺塔を有する嵩岳寺,唐の高宗の別荘であった嵩陽書院,禅宗の始祖達磨大師が坐禅を組んだと伝えられ,また少林拳(少林武術)の発祥地である少林寺などが有名。2010年,少林寺,嵩岳寺塔,嵩陽書院などが登封の歴史的建造物群「天地之中」として世界遺産の文化遺産に登録された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ソン(嵩)山の関連キーワードイン(潁)河拳法

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android