ゾイデル海(読み)ゾイデルカイ

デジタル大辞泉 「ゾイデル海」の意味・読み・例文・類語

ゾイデル‐かい【ゾイデル海】

Zuiderオランダ北西部にあった湾。1932年にアフスライト大堤防完成し、外海ワッデン海と切り離されてアイセル湖となった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「ゾイデル海」の意味・読み・例文・類語

ゾイデル‐かい【ゾイデル海】

  1. ( ゾイデルはZuider ) オランダの北西部にあった北海の湾。一三世紀までは淡水湖のフレボ湖であったが、堤防が決壊し、海水が浸入して北海の一部となった。一九三二年に長さ約三〇キロメートルの堤防が完成して再び淡水化し、エイセル湖と命名された。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ) 「ゾイデル海」の意味・わかりやすい解説

ゾイデル海
ぞいでるかい
Zuiderzee

オランダ北西部にあった北海の入り江。1932年の大締切り堤防の完成でアイセル湖となり、淡水化された。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「ゾイデル海」の意味・わかりやすい解説

ゾイデル海
ゾイデルかい
Zuiderzee

オランダ北部ワデン海アイセル湖旧称。 1932年にノールトホラント州フリースラント州を結ぶ堤防が完成し,それまでのゾイデル海は,南部のアイセル湖,北部のワデン海に分けられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア 「ゾイデル海」の意味・わかりやすい解説

ゾイデル海【ゾイデルかい】

アイセル[湖]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

再生可能エネルギー

自然の活動によってエネルギー源が絶えず再生され、半永久的に供給され、継続して利用できるエネルギー。有限の資源である化石燃料などに代わる、新エネルギー(中小規模水力・地熱・太陽光・太陽熱・風力・雪氷熱・...

再生可能エネルギーの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android