コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タイムシェアリングシステム たいむしぇありんぐしすてむ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

タイムシェアリングシステム

コンピューターの処理形態である集中処理のひとつで、1台のコンピューターシステム複数ユーザーが同時に対話形式で使用できるようにするシステム。時分割利用システムとも呼ばれる。各ユーザーからのジョブを、短い時間の間隔で切り替えながら、少しずつ処理していく。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

タイムシェアリングシステム【time-sharing system】

高速処理機能を時系列にそって振り分け、複数の処理を並行するのと同等の効果を上げる方法。一台のコンピューターを複数の利用者が利用する場合や多重通信に応用。時分割システム。 TSS 。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タイムシェアリングシステム
たいむしぇありんぐしすてむ
time sharing system

コンピュータシステムの操作方式の一つ。1台のコンピュータをそれぞれの端末から使用している多数のユーザー(使用者)に、各人は自分ひとりでコンピュータを独占して使用しているかのように見せかける方式。略してTSSともいう。最初のシステムは、1961年にマサチューセッツ工科大学(MIT)で開発されたCTSS(Compatible Time-Sharing System)である。初期のシステムでは、ブラウン管を用いた表示装置とキーボードからなる装置を端末として用いた。中央のコンピュータシステムの規模に応じて、数台から数十台、場合によっては数百台もの端末がコンピュータと結合されていて、端末のユーザーは同時にコンピュータを使用することができる。ユーザーは、各自が自分専用のコンピュータをもっている気分でコンピュータを使用できるが、コンピュータでは、一時には1人のユーザーの仕事しか処理しない。1人のユーザーをごくわずかの時間だけサービスすると次のユーザーに移り、同時に使用しているユーザーをひととおりまんべんなくサービスすると、ふたたび最初のユーザーに戻ってサービスをする。端末のユーザーはキーボードから入力していたり、考えたりしているので、同時にたくさんのユーザーをサービスできる。[土居範久]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のタイムシェアリングシステムの言及

【オペレーティングシステム】より

…これをマルチタスキングと呼ぶ。ユーザーから,マルチタスキングが最もわかりやすい形で見えるのは,タイムシェアリングシステムである。これは1台のコンピューターにたくさんのユーザーが端末装置を通してつながり,どのユーザーにも仮想的にそのコンピューターを占有しているように見せかけたシステムである。…

※「タイムシェアリングシステム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

タイムシェアリングシステムの関連キーワードラウンドロビンアルゴリズムオペレーティングシステムフォアグラウンド処理オンラインシステムタイムシェアリングタイマー割り込みジョン・ケムニートーマス・カーツジョブ制御言語時分割システムマルチジョブDEMOSBASIC入出力装置音響カプラ多重通信EDPS利用者CAI時系列

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android