タカネマツムシソウ(読み)たかねまつむしそう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タカネマツムシソウ
たかねまつむしそう / 高嶺松虫草
[学]Scabiosa japonica Miq. var. alpina Takeda

マツムシソウ科の越年草または一果生の多年草。茎は高さ30~40センチメートル。葉は対生し、羽状に裂ける。8~9月、草丈に比して大きな青紫色の頭花を上向きに開く。亜高山帯から高山帯の小石混じりの草原に生え、中部地方以北の本州、四国に分布する。[高橋秀男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のタカネマツムシソウの言及

【マツムシソウ】より

…北海道から九州まで分布する。高山・亜高山にはえるタカネマツムシソウvar.alpina Takedaは草丈が低いが,花は大きい。 マツムシソウ属Scabiosaは約100種がユーラシア大陸に広く分布するが,とくに地中海沿岸地方に多い。…

※「タカネマツムシソウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

タカネマツムシソウの関連情報