タケシマユリ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タケシマユリ
たけしまゆり / 竹島百合
[学]Lilium hansonii Leichtl.

ユリ科の多年草。葉は輪生し、強光、乾燥に弱い。6月ころ、芳香のある橙黄(とうこう)色花を7、8個下向きに開く。花冠はトルコ帽形、花弁は厚い。韓国の鬱陵(うつりょう)島に分布する。[坂本忠一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android