タコグラフ(読み)たこぐらふ(英語表記)tachograph

翻訳|tachograph

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タコグラフ
たこぐらふ
tachograph

自動車に搭載される運行記録用計器の一種。運行記録計ともいう。車両の稼動状況を把握するために、運行中の速度変化、走行距離、運行時間などを自動的に記録する。運転者の長時間勤務などの実態を把握することで、疲労などを原因とする事故を予防する。また事故を起こした際には原因解明に役だち、観光バスや長距離トラックの事故では、しばしばタコグラフの解析結果が公表される。

 道路運送車両の保安基準(運輸省令)では、装着が義務づけられた車両や装着する機器の型式などが規定されている。また、事業用車両についても国土交通省令によって装着義務が規定されている。日本では1962年(昭和37)から導入が始まり、路線トラックのほか、貸切バス、片道100キロメートルを超える路線のバスが対象となった。1967年には、15都市のハイヤー・タクシー、総重量8トン以上、および最大積載量5トン以上のトラック、セミトレーラー・フルトレーラーのトラクターにも範囲が広がった。1990年(平成2)には事業用自動車に、2015年(平成27)4月からは車両総重量7トン以上または最大積載量4トン以上のトラックも対象となった。

[伊東和彦 2016年8月19日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

タコグラフ

〘名〙 (tachograph) 回転速度計(タコメーター)と時計仕掛けを組み合わせ、刻々の回転速度変化を自動的に用紙に記録する装置。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タコグラフ
tachograph

運行記録計ともいう。自動車の瞬間速度,走行距離,運行時間などを自動的に記録する計器で,自動車の運転席に取付けられる。記録は,円形の記録紙の上に時間の経過につれて連続的な線図で描かれ,これを取出して解析すれば運行状態を知ることができる。事故防止対策の面から自動車の運行管理に使用されており,貨物運送車両総重量 8t以上または最大積載量 5t以上の自動車,特別積合せ貨物運送車両,100km以上の運行系統の路線バス,貨切りバス,東京,大阪など特定地域に所属するタクシーハイヤーにはタコグラフによる運行記録が義務づけられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

タコグラフ

運行記録計とも。自動車の瞬間速度,走行距離,走行・停止時間,運転手交替などの運行状況を自動的に記録する計器。時計機構に連動した円形の記録紙上に連続的な記録線図が克明に描かれ,精密に読み取ることができる。営業車の運行管理等に使われる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android