コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タスマン山 タスマンサン

デジタル大辞泉の解説

タスマン‐さん【タスマン山】

Mount Tasman》ニュージーランド南島西部、サザンアルプスの第二の高峰。標高3498メートル。主峰クック山の北に隣接し、南東側に同国最長のタスマン氷河が延びる。1953年にアオラキクック山国立公園に指定され、1990年に南島の他の国立公園とともにテワヒポウナム南西ニュージーランドの名称で世界遺産(自然遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タスマン山
タスマンさん
Mount Tasman

ニュージーランドサウス島中央部,サザンアルプスにある同国第2の山。標高 3498m。南方にあるクック山とともにアオラキ/クック山国立公園,また,ウェストランド・タイ・ポウティニ国立公園に含まれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タスマン山
たすまんさん
Mount Tasman

ニュージーランド南島のサザン・アルプス中央部に位置する山で、クック山国立公園内にある。この国第二の高峰で、標高3498メートル。稜線(りょうせん)から南東側に延びるタスマン氷河は、長さ29キロメートル、最大幅9キロメートルで、この国最大の氷河である。[浅黄谷剛寛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

タスマン山の関連キーワードタスマン[山]

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android