コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タップ・ダンス tap dance

翻訳|tap dance

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タップ・ダンス
tap dance

アイルランド,イギリス北部からアメリカに伝わったジグやリール,木靴の踊りのクロッグ・ダンスなどをもとにしてアメリカの黒人たちが考案した舞踊形式。の底に滑り止めや金属版を付けてはき,爪先とかかとを床にたたきつける (タップする) ようにして,リズミカルに音を出しながら踊る。 19世紀後半にボードビルの舞台などで始められ,`Bojangles' (「大騒ぎ」の意) の愛称で親しまれたビル・ロビンソンらのスターを生んだ。ミュージカルでは,F.アステア,エリナー・パウエルらが有名である。 1920年代後半から 30年代にかけて非常に流行をみた。近年はアクロバティックな技法を駆使した黒人のボードビリアンのグループなどによくこの芸がみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

タップ・ダンス

靴のつま先やかかとで床をたたいて音をたてながら踊る舞台ダンス。靴にタップ(金属板)をつける場合が多い。アメリカの黒人の踊りなどを起源とし,19世紀後半から舞台芸人によって人気を集め,F.アステアらの名手が出た。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タップ・ダンス
たっぷだんす
tap dance

かかととつまさきに金属を装着した靴で床を踏んだり、蹴(け)ったりしてリズミカルに踊る踊りで、アメリカのショーダンスの一種。アイルランドのジグjigやイギリスのクロッグダンスclog danceが移民によってアメリカにもたらされ、黒人がアフリカから持ち込んだ舞踊と合体してできた。19世紀にダディ・ライス、ジュバなどによるミンストレル・ショーや、ニューヨークを中心にしたボードビル・ショーなどで発展した。20世紀になってジャズの隆盛とともにブロードウェーで流行し、1930年代に不世出のタップ・ダンサー、フレッド・アステア、ビル・ロビンソンが出現し、バレエやアクロバティックな要素が付け加えられた。アステアはハリウッドで『トップ・ハット』(1935)など数多くのミュージカル映画に出演し、絶妙なタップ・ダンスをスクリーンに残した。ほかにもエレノア・パウエル、アン・ミラー、ドナルド・オコーナー、ジーン・ケリーらの踊り手が映画で活躍した。[市川 雅]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

タップ・ダンスの関連キーワードコマーシャル・ソングセビアン グローバーデービス・ジュニアジョン トラボルタジャズ・ダンスノイマイヤーアイルランド大宮 敏充日野皓正ハインズ民族舞踊杉 兵助永江榛野市川

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

タップ・ダンスの関連情報