コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タナサカシ

2件 の用語解説(タナサカシの意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

タナサカシ

?-1529 16世紀前半のアイヌの首長。
蝦夷(えぞ)地(北海道)西部のセタナイ(瀬棚)の人。1529年(享禄(きょうろく)2),蠣崎(かきざき)義広が派遣した工藤祐兼(すけかね)らの軍を同地でやぶる。さらに義広の上(かみ)ノ国勝山館を包囲したが,和議にみせかけた義広の謀略によって,同年殺された。名はタナイヌ,タナケシとも。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

タナサカシ

没年:享禄2(1529)
生年:生年不詳
16世紀初期の蝦夷地西部の首長。多那嶮ともタナケシとも記す。大永5(1525)年以降セタナイ(瀬棚)を本拠とするアイヌ民族の首長の圧力が蠣崎氏に対し強まった。享禄2(1529)年3月蠣崎義広はタナサカシの南下に対抗し,工藤祐兼,祐致兄弟に命じてタナサカシの本拠を攻撃。攻撃は失敗し工藤祐兼が戦死した。一方タナサカシは長駆して上ノ国勝山館を攻撃,蠣崎義広を包囲。義広はタナサカシに和議を申し入れ,賠償品の宝器を受け取ろうとしたタナサカシを勝山館より射殺し,かろうじて勝利を得た。<参考文献>海保嶺夫『中世の蝦夷地』,松前景広編『新羅之記録』(『新北海道史』7巻),『松前家記』1(『松前町史』史料編1)

(海保洋子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タナサカシの関連キーワード蝦夷志蝦夷奉行イコトイ恩荷ショヤションコ建部七郎右衛門タリコナチコモタインハシタイン

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone