コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瀬棚 せたな

2件 の用語解説(瀬棚の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

瀬棚
せたな

北海道南西部,せたな町北部の旧町域。北部は狩場山地に属する山岳地帯に位置し,西部は日本海に面する。 1921年町制。 2005年大成町,北檜山町と合体してせたな町となった。地名はアイヌ語のセタルペシュペナイ (犬が泳ぎ渡る川の意) に由来。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

瀬棚
せたな

北海道南西部、檜山(ひやま)支庁(現、檜山振興局)管内にあった旧町名(瀬棚町(ちょう))。現在は久遠(くどう)郡せたな町の北部を占める地域。旧瀬棚町は1921年(大正10)町制施行。2005年(平成17)、久遠郡大成(たいせい)町、瀬棚郡北檜山(きたひやま)町と合併、せたな町となる。旧町名はアイヌ語のセタルペシュペナイ(犬が泳ぎ渡る川の意)の転訛(てんか)。旧町域は渡島(おしま)半島の中央部に位置し、日本海に臨む。国道229号が沿岸を走るが、旧国鉄瀬棚線は1987年(昭和62)廃止、バスに転換。瀬棚港は奥尻(おくしり)島へのフェリーが発着する(4月下旬~10月下旬)。北部は狩場(かりば)山地で、海岸も段丘が多い。かつてはニシンの千石場所で栄え、現在もイカ、マスなどの漁業が中心。乳・肉牛飼育やアスパラガス、ジャガイモ、カボチャなどの農業、それら一次産品の食料加工業も行われる。近代の女性医師1号荻野吟子(おぎのぎんこ)(1851―1913)はクリスチャンの夫の北海道伝道に従ってこの地で医療に従事したが、その遺品などを展示する瀬棚郷土館がある。北部、島牧(しままき)村との境界をなす茂津多(もった)岬や狩場山(1520メートル)一帯は狩場茂津多道立自然公園域。瀬棚海岸は三本杉岩をはじめとする奇岩、景勝に富む。[瀬川秀良]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

瀬棚の関連キーワード北海道久遠郡せたな町北檜山区愛知北海道久遠郡せたな町北檜山区共和北海道久遠郡せたな町北檜山区小川北海道久遠郡せたな町北檜山区栄北海道久遠郡せたな町北檜山区富里北海道久遠郡せたな町北檜山区豊岡北海道久遠郡せたな町北檜山区丹羽北海道久遠郡せたな町北檜山区二俣北海道久遠郡せたな町北檜山区太櫓瀬棚〈町〉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

瀬棚の関連情報