タニン・クライビチエン(英語表記)Thanin Kraivichien

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タニン・クライビチエン
Thanin Kraivichien

[生]1927.4.5. バンコク
タイの政治家。タマサート大学を卒業後イギリスに留学し,ロンドン大学法学部を卒業。のち最高裁判事,タマサート大学,チュラーロンコーン大学の講師などをつとめた。反共法律家として有名で,1950年代に書いた著書『強制される法律』はタイ反共理論の古典といわれる。 1976年 10月6日の軍事クーデター後,国政改革評議会によって首相に任命され,強硬な反共路線をとったが,77年 10月 20日,軍部の信頼を失い,無血クーデターによって失脚。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android