コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タバコシバンムシ

栄養・生化学辞典の解説

タバコシバンムシ

 [Lasioderma sericorne].コウチュウ目(鞘翅類)シバシムシ科の小さい甲虫.植物を食害する.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タバコシバンムシ【Lasioderma serricorne】

甲虫目のシバンムシ科の昆虫。世界に広く分布する。成虫の体は黄赤褐色で2~3mm。触角は鋸歯状。英名はtobacco beetle,またはcigarette beetle。乾燥させた葉タバコ巻きタバコが被害をうけたことからその名がつけられたが,食品類,種子,動物標本など乾いた動植物質のものを広く食害する。成虫は日没ごろから活発に歩行,あるいは飛翔(ひしよう)し,幼虫の食餌となるものに産卵管を挿入して2~3個の卵を並べて産みつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

タバコシバンムシの関連キーワードアリガタバチ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android