コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鞘翅類 しょうしるい Coleoptera; beetle; weevil

5件 の用語解説(鞘翅類の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鞘翅類
しょうしるい
Coleoptera; beetle; weevil

鞘翅目に属する昆虫の総称。甲虫類ともいう。微小ないし大型の昆虫で,革質または角質の外骨格におおわれる。翅は2対あるが,後翅が退化または欠如するものが多く,2対とも欠如するものもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しょうし‐るい〔セウシ‐〕【××翅類】

甲虫(こうちゅう)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

鞘翅類【しょうしるい】

昆虫綱の1目。コウチュウ(甲虫)目ともいう。上翅(前翅)が鞘(さや)状となって背面をおおうことからついた名称。昆虫の中でも最も巨大かつ多様なグループで,世界に約37万種,100以上の科に分けられる。
→関連項目甲虫

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

しょうしるい【鞘翅類】

コウチュウ目の旧称。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鞘翅類
しょうしるい

昆虫綱甲虫目の別名。甲虫の前ばねはほかの昆虫と異なり、厚く堅くなり後体部背面を左右から覆い、中央で相接しており、背面を覆う鞘(さや)の役を果たしているのでこの名がある。[中根猛彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の鞘翅類の言及

【甲虫】より

…この名は学名のColeoptera,英名のbeetle,ドイツ名のKäferに対して,明治時代に甲翅虫と訳されたものから甲虫となった。また上翅(前翅)が鞘状となって背面を覆うことから,専門語として鞘翅目(鞘翅類)と呼ばれるようになった。甲虫は昆虫界最大のグループ(目)で既知種の約4割を占め,世界から約30万種,日本から8000種あまりが知られる。…

※「鞘翅類」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鞘翅類の関連キーワード長翅類甲虫甲虫目鉤頭虫条虫線形虫無翅昆虫カクムネヒラタムシニホンジュウケツキュウチュウキュウリュウチュウ(九竜虫)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone