コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タビンシュエティー タビンシュエティーTabinshwehti

1件 の用語解説(タビンシュエティーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タビンシュエティー
Tabinshwehti

[生]?
[没]1550
ビルマ,タウングー朝第2代の王 (在位 1531~50) 。タウングー領主ミンチニョーの子。 16世紀前半ペグー,マルタバン,タライン,プロームを攻略し,ペグーを都として中部ビルマを統合した。 1546年アラカンへ,49年タイへ進撃し,王朝の基礎を築いたが,宮廷生活の腐敗が原因でモン族の反乱を招き,暗殺された。王はモン族の伝統文化をビルマ文化のなかへ吸収同化した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

タビンシュエティーの関連キーワード清原宣賢平戸(市)硫黄島の戦い諫早湾干拓事業戦術核と戦略核新戦略兵器削減条約(新START)調整池米国の核戦略の推移プラハ演説国営諫早湾干拓事業と開門問題

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone