コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タビンシュエティー Tabinshwehti

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タビンシュエティー
Tabinshwehti

[生]?
[没]1550
ビルマ,タウングー朝第2代の王 (在位 1531~50) 。タウングー領主ミンチニョーの子。 16世紀前半ペグー,マルタバン,タラインプロームを攻略し,ペグーを都として中部ビルマを統合した。 1546年アラカンへ,49年タイへ進撃し,王朝の基礎を築いたが,宮廷生活の腐敗が原因でモン族の反乱を招き,暗殺された。王はモン族の伝統文化をビルマ文化のなかへ吸収同化した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

タビンシュエティーの関連キーワードバインナウン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android