コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペグー Pegu

世界大百科事典 第2版の解説

ペグー【Pegu】

ミャンマー中南部,ペグー管区の主都。人口15万(1983)。ヤンゴン北東80km,ペグー川に面し,マンダレーおよびモールメインへ行く鉄道の分岐点にあたる。モン族の伝説では,竜の流れをくむ女性とタトン国の創始者ティッサ王との間に生まれたタマラ,ウィマラの双子の兄弟が町を築いたとされる。1369年にペグー朝のビンニャウー王によって王城が築かれた。ペグーの最盛期は,タウングー朝バインナウン王がここを都とした16世紀で,王城はアラウンパヤー王がモン族を征服した1757年に焼き払われた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ペグー【Pegu】

ミャンマー南部のエーヤワディー川下流のデルタ地帯の古都。一四~一六世紀ペグー王朝の首都。身長54メートルの寝釈迦像で知られる。現在のバゴー。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android