コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペグー Pegu

百科事典マイペディアの解説

ペグー

バゴー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ペグー【Pegu】

ミャンマー中南部,ペグー管区の主都。人口15万(1983)。ヤンゴン北東80km,ペグー川に面し,マンダレーおよびモールメインへ行く鉄道の分岐点にあたる。モン族の伝説では,竜の流れをくむ女性とタトン国の創始者ティッサ王との間に生まれたタマラ,ウィマラの双子の兄弟が町を築いたとされる。1369年にペグー朝のビンニャウー王によって王城が築かれた。ペグーの最盛期は,タウングー朝バインナウン王がここを都とした16世紀で,王城はアラウンパヤー王がモン族を征服した1757年に焼き払われた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ペグー【Pegu】

ミャンマー南部のエーヤワディー川下流のデルタ地帯の古都。一四~一六世紀ペグー王朝の首都。身長54メートルの寝釈迦像で知られる。現在のバゴー。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペグー

バゴー」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペグー
ぺぐー
Pegu

ミャンマー(ビルマ)南部、バゴー管区の中心都市バゴーの旧名。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ペグーの関連キーワードシュエッターリャウンパゴダ〈バゴー〉タキン・コウドー・フマインタキン・コウドー・マインダビンシュウェティーパラクラマバーフ1世マグウェー[管区]タビンシュエティーワレル・ダンマタシッタウン[川]ダンマゼーディーパガン(蒲甘)朝ペグー・ヨーマウィン・ティンペグー[山脈]バゴー[山脈]ピー・モウニンベク漆・可く漆ニャウンヤン朝コンバウン朝メークティラ

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ペグーの関連情報