コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タマキビガイ(玉黍貝) タマキビガイ

1件 の用語解説(タマキビガイ(玉黍貝)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

タマキビガイ【タマキビガイ(玉黍貝)】

タマキビガイ科の巻貝の総称,またはそのうちの1種を指す。タマキビガイLittorina brevicula(英名periwinkle)(イラスト)は殻の高さ1.4cm,径1.7cmに達する。殻は厚く堅固で螺塔(らとう)は円錐形,体層は大きく,通常各層に2本,体層に3本の強い螺肋があり,その間に細い螺肋もある。殻の色は変化が多いが,多くは灰黒色で肋上に黄白斑がある。殻口は卵円形,ふたは薄く卵形で褐色。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

タマキビガイ(玉黍貝)の関連キーワード糸掛貝キセル貝袖貝玉黍蛇貝揚巻貝逆巻貝玉貝玉黍貝常陸帯貝

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone