コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タマキビガイ(玉黍貝) タマキビガイ

世界大百科事典 第2版の解説

タマキビガイ【タマキビガイ(玉黍貝)】

タマキビガイ科の巻貝の総称,またはそのうちの1種を指す。タマキビガイLittorina brevicula(英名periwinkle)(イラスト)は殻の高さ1.4cm,径1.7cmに達する。殻は厚く堅固で螺塔(らとう)は円錐形,体層は大きく,通常各層に2本,体層に3本の強い螺肋があり,その間に細い螺肋もある。殻の色は変化が多いが,多くは灰黒色で肋上に黄白斑がある。殻口は卵円形,ふたは薄く卵形で褐色。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android