タマン(英語表記)Tamang

  • Tāmāng

世界大百科事典 第2版の解説

ネパールのカトマンズ盆地周辺の山地高所の民族。人口約56万(1971)。言語はチベット・ビルマ語系で,チベット語に近いが文字はない。古い集落は山地の1500~2500mの南斜面に集村形態をなして存在し,トウモロコシ小麦,大麦,シコクビエ,ジャガイモなどが栽培され,牛,水牛なども飼われている。また近年,低地部に移住し,稲作を行う人も見られる。副業として作る羊毛衣服,竹・木製品などは他民族にも珍重される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のタマンの言及

【ヒマラヤ[山脈]】より

…その中間に分布するのが,モンゴロイド型の顔と体つきをもち,チベット・ビルマ語派系のヒマラヤ諸語を話す人々である。カトマンズ盆地を挟んで東西山地にタマン族,東部山地にライ族,リンブー族,スヌワール族,西部山地にマガル族,グルン族タカリー族が住む。ヒマラヤ山地の〈耕して天に至る〉段々畑がみられるのもこのあたりである。…

※「タマン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

タマンの関連情報