コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九竜 キュウリュウ

6件 の用語解説(九竜の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きゅうりゅう〔キウリユウ〕【九竜】

中国広東省、九竜半島の南端にある商業都市香港の一部。香港島の対岸にあたる。チウロン。カオルン

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

九竜【きゅうりゅう】

中国,広東省南東部に位置し,対岸の香港とともに英国の植民地であったが,1997年7月に香港とともに中国に返還された。英語ではKowloon,現地ではクーロンと称す。
→関連項目租借地

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

カオルン【九竜】

〔Kowloon〕 ⇒ 九竜きゆうりゆう

きゅうりゅう【九竜】

香港、九竜半島の南端にある都市。海峡を隔てて香港島と対する。カオルン。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

九竜
きゅうりゅう

カオルーン」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

九竜
きゅうりゅう / チウロン

中国大陸南部、香港(ホンコン)特別行政区中部の市街地。九竜半島の先端に位置し、ビクトリア港を隔てて香港島に対する。別名カオルンKowloon。人口222万8500(2001推計)。1860年の北京(ペキン)条約でイギリス領となったが、1997年に中国へ返還された。香港における商業の中心地で、ネイザン通りを中心とした一帯にはホテルや商店がひしめいている。広州(こうしゅう/コワンチョウ)と連絡する九広鉄道の起点で、香港島とはフェリーと海底トンネルで結ばれている。また北東7.5キロメートルにはカイタク(啓徳)空港があったが、1998年香港国際空港の開設に伴い廃止された。[横山昭市]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

九竜の関連キーワードコワコフスキケーオーコシューシコ愛媛県今治市富田新港浜田剛史Kočiĉ,P.Koşay,H.Z.Mustafa Koç Beyウイニングラウンド道産子 (Do-san-ko)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

九竜の関連情報