コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タングステン酸塩鉱物 タングステンさんえんこうぶつtungstate mineral

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タングステン酸塩鉱物
タングステンさんえんこうぶつ
tungstate mineral

タングステン酸基 WO42- (四面体構造) を含む金属塩鉱物の総称。カルシウムを結合した灰重石,鉄およびマンガンと結合した鉄マンガン重石などがその例。多くは半透明で比重は比較的大きい。ペグマタイト,気成鉱床,接触交代鉱床などに産出する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タングステンさんえんこうぶつ【タングステン酸塩鉱物 tungstate mineral】

陰イオンの(WO4)2-と陽イオンによって構成されている鉱物で,陽イオンをMとすると化学組成は一般にMWO4と表される。タングステン酸塩鉱物は結晶系のちがいから灰重石群と鉄マンガン重石群に分けられている。灰重石群の鉱物には灰重石CaWO4,銅重石cuproscheelite CuWO4,鉛重石stolzite PbWO4などがあり,すべて正方晶系に属する。タングステンの一部をモリブデンが置きかえたものも存在し,灰重石には銅重石成分が部分的に固溶する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

タングステン酸塩鉱物の関連キーワードタングステン鉱物マンガン鉱物カルシウム陽イオン鉄重石鉱物

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android