コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タンニンなめし(鞣) タンニンなめし

百科事典マイペディアの解説

タンニンなめし(鞣)【タンニンなめし】

タンニンを使用するなめし法。植物なめし,渋なめしとも。薄いタンニン液から始め,次第に濃い液へと皮を浸してなめす。一般に数日〜数十日を要する。靴の底革,ベルト革,ぬめ革,多脂革等の製造に適し,製品は一般に堅く,強靭(きょうじん)で,耐水性にすぐれる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android