コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タンニンなめし(鞣) タンニンなめし

百科事典マイペディアの解説

タンニンなめし(鞣)【タンニンなめし】

タンニンを使用するなめし法。植物なめし,渋なめしとも。薄いタンニン液から始め,次第に濃い液へと皮を浸してなめす。一般に数日〜数十日を要する。靴の底革,ベルト革,ぬめ革,多脂革等の製造に適し,製品は一般に堅く,強靭(きょうじん)で,耐水性にすぐれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android