コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

なめし tanning

翻訳|tanning

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

なめし
tanning

動物の原皮から皮革をつくる工程の一つ。動物の皮はそのままでは腐敗しやすく,水につけると膨張し,乾くと硬い板状になってしまうので,原皮を水洗し,ついている脂肪や肉片を除去し,なめし剤を作用させて,それぞれの利用目的に適するように加工する必要がある。同時に腐敗,脆弱化,油焼け虫害,かびの発生を防ぐ作業を行う。最も一般的に行われている方法は,タンニン物質 (渋ともいう) を使用するタンニンなめしとクロム化合物を使うクロムなめしである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

なめし
なめし

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

なめしの関連キーワードタンニンなめし(鞣)オストリッチレザーボックス(皮革)塩素酸ナトリウムカーフレザー塩化バリウムなめし(鞣)作り皮・革鹿皮・鹿革クロム明礬モロッコ革クロム鞣しんなりセーム革クロム革ベラム稔性花滑革・カーフ皮/革

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

なめしの関連情報