コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タンニンなめし タンニンなめし vegetable tanning

1件 の用語解説(タンニンなめしの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タンニンなめし
タンニンなめし
vegetable tanning

渋なめし,植物なめしともいう。植物の根,枝幹,葉,皮,実などから抽出したタンニン水溶液に皮を浸し,時間をかけてタンニンを十分に浸透させ皮をなめす方法。浸透速度には温度,濃度,pH ,中性塩類の存在が影響し,また,タンニンの濃度が高いと表面だけにタンニンが定着するから,濃度の薄い液から順次濃い溶液に浸す。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のタンニンなめしの言及

【皮∥革】より

…この後,合成タンニン,植物タンニンによる〈再なめし〉を行うことが多い。(b)植物タンニンなめし タンニンなめし,あるいは渋なめしともいい,その歴史は最も古い。植物タンニンは植物の樹皮,心材,葉,実などを温水抽出して得られるもので,なめしには普通数種のタンニン剤の混合溶液(合成タンニンも用いられる)が用いられる。…

※「タンニンなめし」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

タンニンなめしの関連キーワード渋なめし洗い革クロム鞣植物界白鞣製革無礼し藍韋鞣革植物タンニンなめし

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

タンニンなめしの関連情報