コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タンニンなめし タンニンなめしvegetable tanning

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タンニンなめし
vegetable tanning

渋なめし,植物なめしともいう。植物の根,枝幹,葉,皮,実などから抽出したタンニン水溶液に皮を浸し,時間をかけてタンニンを十分に浸透させ皮をなめす方法。浸透速度には温度,濃度,pH ,中性塩類の存在が影響し,また,タンニンの濃度が高いと表面だけにタンニンが定着するから,濃度の薄い液から順次濃い溶液に浸す。このなめしの現象はタンニンの水酸基と皮蛋白質の -NH2 ,-NH- ,CONH 基が結合して水に溶けない物質に変るものと考えられている。 (→なめし )  

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のタンニンなめしの言及

【皮∥革】より

…この後,合成タンニン,植物タンニンによる〈再なめし〉を行うことが多い。(b)植物タンニンなめし タンニンなめし,あるいは渋なめしともいい,その歴史は最も古い。植物タンニンは植物の樹皮,心材,葉,実などを温水抽出して得られるもので,なめしには普通数種のタンニン剤の混合溶液(合成タンニンも用いられる)が用いられる。…

※「タンニンなめし」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

タンニンなめしの関連情報