コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タンヌオラ山脈 タンヌオラさんみゃくkhrebet Tannu-Ola

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タンヌオラ山脈
タンヌオラさんみゃく
khrebet Tannu-Ola

ロシア中東部,東シベリア南部,トゥーバ共和国南縁にある山脈。エニセイ川上流とモンゴルオブス湖水系の分水嶺。全長約 300km。東西に分れ,西山脈は主として砂岩頁岩,東山脈は花崗岩,噴出・堆積物から成る。標高 2500~2700mの山が多く,最高点は 3061m。北斜面 (2000~2200m以下) はマツ,カラマツタイガ,南斜面はステップである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android