コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダイコクネズミ

百科事典マイペディアの解説

ダイコクネズミ

シロネズミ,ラットとも。齧歯(げっし)目ネズミ科の哺乳(ほにゅう)類。体長23cm,尾19cmほど。ドブネズミを畜養したもので,広く実験用に飼育される。全身純白で,虹彩(こうさい)が赤いもののほか,白地に褐〜黒色の斑があるものもある。
→関連項目ネズミ(鼠)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダイコクネズミ

ドブネズミ」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダイコクネズミ
だいこくねずみ / 大黒鼠
[学]Rattus norvegicus

哺乳(ほにゅう)綱齧歯(げっし)目ネズミ科の動物。ドブネズミを実験動物としたラットの別名。全身白色のものが多く、奈良時代より白色のネズミは吉兆と喜ばれ、家に福をもたらす大黒天の使いと信じられたことから、この名がつけられた。[土屋公幸]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のダイコクネズミの言及

【ドブネズミ(溝鼠)】より

…寿命は飼育下で4年の記録がある。なお,本種の白化型(アルビノ)を家畜化したものはラット(ラッテ),あるいはダイコクネズミと呼ばれ,医学や生物学の実験動物として重要である。【今泉 忠明】。…

※「ダイコクネズミ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ダイコクネズミの関連キーワードシロネズミ再生肝

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android