コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダイモス Deimos

デジタル大辞泉の解説

ダイモス(Deimos)

火星の第2衛星。1877年に発見された。名の由来はギリシャ神話の恐慌の神。非球形で長径は15キロ、短径は11キロ。表面温度はセ氏マイナス40度。デイモス。→フォボス

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

ダイモス

日本のテレビアニメ『闘将ダイモス』(1978-1979)に登場するロボット兵器。全長45メートル、重量150トン。操縦者は竜崎一矢(かずや)。惑星開発用の大型トレーラー、トランザーが変形して完成。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダイモス

デイモス」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ダイモスの関連キーワード火星探査機横山 光輝

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ダイモスの関連情報