コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダゴール語 ダゴールご

百科事典マイペディアの解説

ダゴール語【ダゴールご】

中国東北地方のハイラル付近およびチチハルの北方付近で話されるモンゴル系の言語。Dagur。ダフール語ダウール語とも。音韻と文法で他のモンゴル諸語にみられぬ特徴を示すが,特に一部の方言で古代モンゴル語のhに対応する子音を保存しているなど,モンゴル諸語の比較研究上重要な言語である。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ダゴールご【ダゴール語 Dagur】

現代のモンゴル系言語(モンゴル諸語)の一つ。ダグール語,ダフール語,ダウール語ともいい,中国では達斡爾語と表記する。中国領内モンゴル(蒙古)自治区のフルンブイル(呼倫貝爾)盟の地域および黒竜江省のチチハル(斉斉哈爾)市付近の嫩江(のんこう)とその支流一帯の地域で話され,その使用人口は約8万にのぼる。その他,新疆ウイグル(維吾爾)自治区塔城県にも3000余人のダゴール語使用人口があると報ぜられている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ダゴール語の関連キーワードダフール族(達斡爾族)

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android