コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダビド ダビド David ben Marwan al-Mokammes

2件 の用語解説(ダビドの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダビド
ダビド
David ben Marwan al-Mokammes

9世紀後半メソポタミアで活躍したユダヤの思想家サディア・ベン・ヨゼフと並んでユダヤ教神学に新プラトン主義アリストテレス哲学の方法を導入した先駆者の一人。主著『二十の論説』 Ishrūn Maqālātは現在 14章残っているが,イスラム神学者から学んだ新プラトン主義,アリストテレス哲学を方法に神の単一性,超越性を説いている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ダビド
ダビド
David

パナマ西部の都市。チリキ州の州都。コスタリカとの国境に近い太平洋岸の海岸平野に,果樹園に囲まれて位置する。肥沃な農業地帯の商工業中心地で,農産物の集散が行われるほか,食肉加工,製糖,コーヒーココア,蒸留酒,皮革などの工業が立地。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダビドの関連キーワードアッシリア美術メソポタミアメソポタミア美術メソポタミア文明猶太ウヌグ青のメソポタミアメソポタミヤの殺人メソポタミア派メソポタミア平原

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ダビドの関連情報