コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダマーバンド[山] Damāvand

世界大百科事典 第2版の解説

ダマーバンド[山]【Damāvand】

イラン北部エルブルズ山脈の最高峰。テヘランの北東にある。標高5671m。休火山で,古くは〈煙と蒸気の山〉(ダンバーバンドDanbāvand山)と称した。山麓にはアーベ・ギャルムなどの温泉もある。暴君ザッハーク(ダッハーク)Ḍaḥḥākがこの山に幽閉されたと伝えられるなど神話や伝説によく登場する。1837年にイギリス人トムソンTaylor Thomsonが初登頂に成功した。【岡 正孝】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のダマーバンド[山]の言及

【エルブルズ[山脈]】より

…西部には3000m級の山が多い。最高峰は標高5671mのダマーバンドDamāvand山。東はパロパミサス山脈からヒンドゥークシュ山脈に,西はアルメニア高原につづく。…

※「ダマーバンド[山]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android