コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダンドボロギク Erechtites hieracifolia (L.) Raf.

2件 の用語解説(ダンドボロギクの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ダンドボロギク【Erechtites hieracifolia (L.) Raf.】

北アメリカ原産の帰化植物で,キク科の一年草(イラスト)。山地の日当りのよい草むらや伐採跡地に多い。茎は直立し,高さ30~150cm,多くの葉を互生する。茎・葉ともにやわらかい。葉は長楕円形ないし長倒卵形で,縁に鋭い鋸歯があり,ときに不規則切れ込む。下部の葉にはしばしば葉柄があるが,中部以上の葉は無柄で茎を抱く。花期は9~11月。頭花は大型の円錐花序に多数つき,雌性の糸状花と両性の筒状花とからなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダンドボロギク
だんどぼろぎく
[学]Erechtis hieracifolia (L.) Raf.

キク科の一年草。茎は直立し、高さ約1メートル。葉は無柄、披針(ひしん)形で歯牙(しが)がある。9~10月、淡黄色の筒状花のみからなる頭花をつける。痩果(そうか)は小さく、長い白色絹毛の冠毛は風で散布される。好窒素性で、森林の伐採地や山火事の跡に増殖するが、近年は都市の空き地にも侵入している。北アメリカ原産の帰化植物で、名は、愛知県段戸山(だんどやま)で発見されたことによる。[森田龍義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダンドボロギクの関連キーワードアゲラタムアメリカ杉背高泡立草千成酸漿天人菊野襤褸菊大豚草毛有田草段戸襤褸菊姫向日葵

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone