コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山火事 やまかじforest fire

6件 の用語解説(山火事の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山火事
やまかじ
forest fire

一般に森林火災のことをさすが,消防法 (昭和 23年法律 186号) では林野火災という。燃える部位により地中火,地表火,樹冠火,樹幹火と区別する。原因には落雷,火山噴火,摩擦などによる自然的なものもあるが,大部分は人為的な失火による。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

山火事【やまかじ】

森林火災とも。森林における火災。冬〜春の乾燥期に多い。燃える部位によって地表火,樹冠火,地中火,樹幹火に大別。地表火は森林の地表をおおう雑草,低木,落葉などが燃えるもので山火事の大半はこれ。
→関連項目火事

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やまかじ【山火事 forest and wilderness fire】

森林火災,林野火災ともいい,森林,牧野,原野の火災をいう。農作業のたき火,ハイカータバコ,造林のための火入れなど,ほとんどが人為的な原因でおこる。また,昔多かった機関車からの飛火にかわって,自動車から捨てられたタバコによる火災が増している。季節的には,地表物が枯死して乾燥している時期が危険性が高く,四国,九州では3月,関東以南で4月,関東以北と北海道では5月に最も多い。出火しやすい時間は10時から16時の間である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

やまかじ【山火事】

山林の火災。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の山火事の言及

【火事】より

…このようなガスによる中毒が,近年の耐火造建物火災(ホテル,デパートなど)で死者が多く出る一つの原因とされている。(2)林野火災 森林火災,山火事ともいい,次のような種類がある。(a)樹冠火(または樹梢火)は林木の樹冠が燃えるもので,スギ,ヒノキ,アカマツなど針葉樹に多く起こる。…

※「山火事」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山火事の関連情報