コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山火事 やまかじforest fire

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山火事
やまかじ
forest fire

一般に森林火災のことをさすが,消防法 (昭和 23年法律 186号) では林野火災という。燃える部位により地中火,地表火,樹冠火樹幹火と区別する。原因には落雷,火山噴火,摩擦などによる自然的なものもあるが,大部分は人為的な失火による。特に焚火,たばこ,火入れ炭窯などの不注意によるものが多い。 1990年の出火件数は 2858,焼損面積 1333ha,損害額4億 7000万円となっているが,損害額は焼失した林木に限られており,土壌保全や風致上の被害は含まれていない。道路網の整備,レジャー人口の増加に伴い入林者による出火の機会が増大している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

山火事【やまかじ】

森林火災とも。森林における火災。冬〜春の乾燥期に多い。燃える部位によって地表火,樹冠火,地中火,樹幹火に大別。地表火は森林の地表をおおう雑草,低木,落葉などが燃えるもので山火事の大半はこれ。
→関連項目火事

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やまかじ【山火事 forest and wilderness fire】

森林火災,林野火災ともいい,森林,牧野原野の火災をいう。農作業のたき火,ハイカータバコ造林のための火入れなど,ほとんどが人為的な原因でおこる。また,昔多かった機関車からの飛火にかわって,自動車から捨てられたタバコによる火災が増している。季節的には,地表物が枯死して乾燥している時期が危険性が高く,四国,九州では3月,関東以南で4月,関東以北と北海道では5月に最も多い。出火しやすい時間は10時から16時の間である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

やまかじ【山火事】

山林の火災。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山火事
やまかじ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の山火事の言及

【火事】より

…このようなガスによる中毒が,近年の耐火造建物火災(ホテル,デパートなど)で死者が多く出る一つの原因とされている。(2)林野火災 森林火災,山火事ともいい,次のような種類がある。(a)樹冠火(または樹梢火)は林木の樹冠が燃えるもので,スギ,ヒノキ,アカマツなど針葉樹に多く起こる。…

※「山火事」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

山火事の関連キーワード舐め尽くす・嘗め尽くす・舐め尽す・嘗め尽すギリシャ総選挙―与党中道右派薄氷の勝利全国山火事予防運動ヤナギラン(柳蘭)アカバナ(赤花)シラカバ(白樺)タウィタウィ島秋吉台の山焼きダンドボロギクヒョウタンゴケ豪州の山火事カシワ(柏)イサベラ島枝幸[町]枝幸(町)山岳救助隊林 駒之助バンクシア宗谷丘陵風船爆弾

山火事の関連情報