コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダンベイキサゴ ダンベイキサゴ Umbonium (Suchium) giganteus

2件 の用語解説(ダンベイキサゴの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダンベイキサゴ
ダンベイキサゴ
Umbonium (Suchium) giganteus

軟体動物門腹足綱ニシキウズガイ科。水産名ではナガラミなどともいわれる。殻高 2.8cm,殻径 4.5cm。殻は堅固で低円錐形,螺層は7階でふくらみが弱い。体層は周縁の上側に数条の弱い溝がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダンベイキサゴ
だんべいきさご / 団平細螺
giant wheel shell
[学]Umbonium giganteum

軟体動物門腹足綱ニシキウズガイ科の巻き貝鹿島灘(かしまなだ)から九州に分布し、浅海の砂底にすむ。殻高28ミリメートル、殻径45ミリメートルに達し、螺塔(らとう)が低くて大きく、厚いレンズ形をしている。螺層は7階、殻表は平滑で光沢がある。殻色や模様は個体によって異なるが、通常は青灰色を帯びる。縫合に沿って黒斑(こくはん)列があり、殻底の臍(さい)部を覆う滑層(臍盤)は褐色を帯びる。肉は、ナガラミなどの市場名で食用とされる。また殻は、殻表を酸で溶かして真珠層を露出させ玩具(がんぐ)などの材料にする。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のダンベイキサゴの言及

【キサゴ(喜佐古)】より

…分布も同じではあるが,湾内の潮間帯砂底にすんでいる。ダンベイキサゴU.giganteumは前2種より大型になり,殻表もなめらかですじが弱く少なく,灰青色のものが多い。ナガラミといい酒やビールの突出しにする。…

※「ダンベイキサゴ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ダンベイキサゴの関連キーワード多板類頭足類軟体動物有肺類後鰓類前鰓類象水母石畳貝久保貝軟体類

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone